万双のフラップショルダーバッグ

さて、先週末に購入した万双のフラップショルダーバッグについてのレビューです。

万双で新しく作成されたフラップショルダーバッグはブラック、ネイビー、キャメル、ダークブラウン、グレーの5色あり、僕はその日に偶然あったというブラックを購入しています。

万双の田中氏とお話ししたところ、今まで万双ではブラックの皮を使用したショルダー鞄を用意していなかったため、今回作成したブラックはとても人気だそうです。
皮の色艶の変化を楽しみたい人はキャメル。ネイビーは時間が経過すれば、ダークブラウンぐらいまで変化するそうです。
なるほど、皮の変化おそるべし。

それでは写真付きでレビューおば。

まず全体像。以前にも画像を上げていますが。

形としては下から上に向かって口の部分がしぼられていますが、十分A4サイズの本、書類が入る大きさとなっており、ファスナー等もない為、折れ曲がったりする心配はありません。

次に前に付いているベルトの用な部分ですが、鞄を確実に閉めるという用途に使われているわけではありません。あくまで頑丈な鞄の演出なのだと思います(ちゃんと聞いておけばよかった)。

ただ、磁石で引っ付くと言っても、鞄を閉めると自然に来る位置に磁石がついているため、結構しっかり引っ付いてくれます。もし、この部分がベルトのように閉めるようになっていると利便性は下がってしまいますし、この値段ではできないでしょう(勝手な思い込み)。

続いて肩に架けるショルダーベルト部分の皮ですが、2重で重ね合わされているため、とても頑丈です。途中で切れるってことはまずないと思います。縫い目もとても綺麗です(ノω`)
長さも背中の中程から太ももぐらいまで調整可能で、人によってどこでも好みの位置に調節可能となっています。僕はお尻にちょっとかかるぐらいが好みです。

次に背面のファスナー部。大事なものを入れる為のポケットがついており、外からあけにくいようにセキュリティーロックファスナーが採用されています。
確かにファスナーの取っ手の部分を使わないと開きません。
お財布とか、携帯とか入れておくと良いようです。

背面はとても皮らしい一面が見られます(R氏談)。確かに見れば見るほどどこを取っても形状が異なり、職人さんによって作られたんだなーっと(半分妄想)思います。

鞄の中ですが、ポケット2つのみとかなりシンプルな構造です。

ただ、用途としては、本が数冊は入り、その他に財布、携帯、飲み物が入ればそれで良いので、大きさとしても、容量としてもジャストです。実際に、A4サイズの本とペットボトルを並べて入れてみました。

購入してから毎日使用していますが、とても満足しています。
なんてったってかっこいい!
僕はあまり皮がどうとかよくわかってないんですけど、それでもとても使いやすく綺麗であることだけで、素晴らしさが伝わってきています。
今回のことをきっかけに、皮のことを勉強してみようかなとも思います。

大事にしますm(_ _ )m万双さんありがとう

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。